REGRETブログ

REGRETブログ

当サイトは私が日常生活を送る上で感じた悔しさがテーマのブログ

REGRETブログ

【LGBTTQQIAAP】久しぶり見たら長くなっていた件

f:id:mr-regret:20200804194019p:image

 

以前にLGBTの記事を書いたことがあったのですが、久しぶりに調べてみたらむちゃくちゃ長くなっていたので

 


久しぶりカジュアルにまとめて見ようと思います!!!

 


私としては別に難しく話すつもりも無いですし、難しく話したところで伝わらないと意味がないとも思います。

 


なのでカジュアルに書いて、カジュアルに読んで、まずは知って知識を付けることがとても大切だと考えます。

 


ぜひ分かりやすく伝えますのでお読み下さい!!!

 

【LGBTTQQIAAP】まずはLGBTのおさらい!!

f:id:mr-regret:20200804194211p:image

 

一番最初に1番重要な話をするとそれは3つあります!


① 身体の性


性自認


性的指向


①に関しては、あくまで学術的な意味合いでの体のことで、体が学術的な意味で男性ならば男性を指し、体が学術的な意味で女性ならば女性を指す事の話になります。

 


②に関しては、性の方向性の話で、例えば女性の体で男性の心を持つ場合や、男性の体で女性の心を持つ場合や、自分の性がよくわからない場合等もあったりする。

 


③に関しては、性的な指向なので、男性で男性が好きであったり、女性で女性が好きであったり、両性を好きであったり、そういった性的な指向のお話しになります。

 


あとは、LGBTがあって、性的指向を指し示した【レズビアンとゲイとバイセクシャル】と性自認を指し示した【トランスジェンダー】の2つの考え方があるのです。

 


ここで注意が必要なのが、性的指向性自認が大きく異なる部分が大切なのでこのことを前提において下さい。

 


それでは本題のLGBTTQQIAAPの話に入りますね!!

 

【LGBTTQQIAAP】LGBTでは全然説明不足だった

f:id:mr-regret:20200804194739p:image

 

もうわかると思いますが、性自認が【トランスジェンダー】でかなり強引に一括りにされてしまっていました。

 


なので、そこをしっかりと論じた結果として増えた!!

多様性を認めるのであれば、必然な流れだったのです。

 


それではTから後ろの説明をしていきますが…

 


最初の"T"は、トランスセクシュアル(Transsexual)

 


トランスセクシャルとは、性別違和感と呼ばれていて、要するに性別に違和感があるので、手術を受けて、性の一致を望んでいる人たちを指し示した言葉ですね!!!

 


なので、難しいのですがセクシャルマイノリティです。

 


次の"Q"は、クイア(Queer

 


クイアとは、先程の最後で出てきたセクシャルマイノリティの総称で、元々差別的な用語としても使われていたそうですが、現在は広い定義で使われているそうです。

 


なので、LGBTの総称がクイアとも考えられますね!!

 


次の"Q"は、クエスチョニング(Questioning)

 


エスチョニングとは、そのままで自分の性を自問自答している状態で、何の性かを決めかねている状態で、それが定まった時には他の定義に移る状態の人たちです。

 


まぁ、例えば進路を決めかねている状態と似てますね!

 


次の"I"は、インターセックス(Intersex)

 


インターセックスとは、かなり難しいのですが、カンタンに言えば男でもあり女でもあるという説明がとても難しく、結構差別的用語なのであまり好きではないです。

 


なので纏めるのであれば、両方の性特性を持つ人たち!

 


次の"A"は、アセクシュアル(Asexual)

 


アセクシュアルとは、別名でエイセクシュアルとも呼ばれていて、恋愛感情を持たない方で、どのジェンダーにも属さない人たちで、わりとよく見受けると思います。

 


次の"A"は、アライ(Ally)

 


アライとは、LGBTを支援する人たちという、それ必要ありますかね???っていう意味を示した定義ですね。

 


本当に多様性を求めるならば、人類がアライの状態であるべきな方向性であるべきなのを定義したのは謎です。

 


最後の"P"は、パンセクシュアル(Pansexual)

 


私はもしかするとパンセクシュアルになりそうですが、人としてみて、魅力的であれば恋愛感情を抱くバイセクシャルよりもかなり広い範囲の人と言えそうですね!!

 


私も別に相手がどのセクシャルマイノリティであったとしても理解を示したいという気持ちがありますし、人として好きになる感覚はあるのでこれに近そうですね!!

 


長かったですが、これがLGBTTQQIAAPです!!

 


こうやって知ると別にそこまで思っていたよりかは、難しくなかったと思いますし賢くなれたとも思います!!

 


まず、その言葉を理解することが第一歩だと思いますのでカジュアルに理解することから始めていきましょう。

 

【LGBTTQQIAAP】興味を持ち学び続けよう!!

f:id:mr-regret:20200804194756p:image

 

まず大切なことはこれらに興味を示すことからです。

 


また、マスメディアの様な恥ずかしい"おカマ"や"おネエ"の弄りを恥ずかしいことをしていると理解を示す。

 


そうして知識がある状態で本記事をきっかけとしたLGBT歴史を学んだり書籍を読んだりすると良いです。

 


他にもSOGI(ソジ)と呼ばれる異性愛者を含めた性自認性的指向のお話もありまして、SOGIはもっと範囲が広いもので、差別やハラスメントも含めた概念になる。

 


なので、LGBTだけで終わるのではなくて、SOGIにも進んで学び続ける必要もありますし、それだけではなく人種差別や障害の理解や難病の理解などもありますね。

 


また、こういった人たちを非難する発言や行動をアウティングというようで、そういった意味で通ずるものとしては、学校のイジメや、職業差別なども含まれますね。

 


なので、こういった問題は私だって全知全能では無いので知らないことの方が寧ろ多いですし8割不明瞭です。

 


なので、常日頃から何らかのこういった問題にアンテナを張っておく必要もありますし、そういった発言になっていないかを常に意識した行動発言をすべきですよね。

 


これはネットの誹謗中傷にも繋がる話だと思っていて、そう遠くない未来にネットでの誹謗中傷は刑罰化が進むと思いますし、進まなくてもSNS側でのアンチコメントの除外ワードへの強化も年々進んでいくことでしょう。

 


包丁が殺人をしても刑罰化されないのであれば、世の中の多くの殺人事件に包丁が使われると思いますし、それと同じようにネットという道具は殺人をしたい人に取っては、刑罰化もされない脱法殺人と言えそうですよね。

 


まぁ、何が言いたいかというと、イジメもハラスメントもLGBTも誹謗中傷も障害者への理解も難病への理解もすべてすべてがまずは"知ること"から始まるのです!!

 


最近はコンプライアンスがえらく厳しくなっていて、企業で働いていると年に数回コンプライアンステストが行われたり、コンプライアンス研修を受講したり、色々とコンプライアンスについて知る機会が増えているはず。

 


それと同じような要領で、ご自身の大切なプライベートの時間を活用しながら、今まで述べて来た様なマイノリティへの理解を進めていくことが大切になるでしょう。

 


なので、まずは興味を持つことから初めて下さいね!!

 

【LGBTTQQIAAP】令和は、個の時代個の理解

f:id:mr-regret:20200804195142p:image

 

これからは、サラリーマン型の終身雇用制度での働き方は終わりを向かえて、ジョブ型雇用と呼ばれる海外よりな働き方が押し進められることは間違いないでしょう。

 


その時代では、今までと同じ感覚でのイジメやLGBTへの偏見や、ハラスメントや迷惑行為、国籍差別や障害者への配慮などの個々人への理解が無いとダメでしょう。

 


今まで社会的に弱者と呼ばれていたマイノリティの人々もAIやロボットや時には5Gの機材を活用したりして、カンタンにイノベーションを起こせる時代なのです!!

 


その時代に、偏見や差別的な色を持っているひとは、少なくとも私としてはメールのやり取りや、チャットでのやり取りの段階でフィルターをかけて除外をしますね。

 


企業対企業もそうなるでしょうし、企業対個人もそうなるでしょうし、個人対個人もその流れになるはずです。

 


また、残酷なのですが、そういった発言を訂正してくれるようなひとはこの世の中には稀ですから、知らず知らずに孤立をして、マトモな職に着けなくなるはずです。

 


私の周りの優秀な方々もそうですし、アンテナ感度の高いインフルエンサーであったとしても、そういった差別的な色を持っている人とコラボレーションはしません。

 


これからはネットでのインフルエンス(影響力)が非常に効力を持つ時代へと加速していきますので、益々差別的な色を持っている人とは関わらない流れが進みます!!

 


そうでなくとも、パワハラ防止法が大企業なら2020年の6月から始まり、中小企業でも2020年の4月から始まっていますし、パワハラを改善出来ない企業であれば…

 


企業名の公表が実際に行われるようになりましたので、まだ罰則は導入初期段階なのでありませんが、今後は罰則化へと法改正が行われるでしょうから時間の問題!!

 


イジメやLGBTへの偏見や、ハラスメントや迷惑行為、国籍差別や障害者への配慮などが過剰に感じるひとももしかしたらいると思いますが、これまでの人類史においてはそういったマイノリティの自殺が起きてきました…

 


なので、私個人としては、やり過ぎなくらいしないと加害者側の人たちは付け上がって際限なく攻撃対象としてしまうでしょうし学ぶ機会も今後設けないでしょうね。

 


ぜひ、まずLGBTTQQIAAPを知ったこの今日をきっかけの日として頂いて各所問題を勉強していきましょう!

 


ではまた…