REGRETブログ

REGRETブログ

私が日常を送る上で感じた悔しさがテーマのブログ

【少し動物に戻る】人間は文明や文化に毒されて、本来のあるべき姿から遠のいて滅びの道を歩んでいるから。

f:id:mr-regret:20210110122931p:image


今回は資本主義社会の闇の側面のお話です。

 


簡単に結論から申し上げますと、資本主義では『お金になる』ことを延々と追求してしまう側面があります。

 


例えば『お肉』がお金になるとわかると、本来の食べる量を遥かに超えた命を殺してお金に変えてしまいます。

 


今回はそんな『少し動物に我々は戻ったほうがよいのでは?』というお話をしますので宜しくお願い致します。

 

【少し動物に戻る】本当にお金持ちになりたいの?

f:id:mr-regret:20210110123027p:image

 

資本主義社会の目指す目標は『資本持ち』になること。

 


何らかの形でお金を稼いで、そのお金で資産運用を少しづつ行いながら買い増しをして資産を形成すること。

 


でも、本当にそんなお金を貯める必要があって、本当に『お金持ち』になって意味があるのでしょうか????

 


私は最近違うなと思えてきて、確かに現状の世の中ではお金が必要なのだけれども、クラウドファンディングみたいな感じで『お金の支援』を募りやすくなりました。

 


他にもシェアリングエコノミーやサブスクリプションの誕生で、安い金額でサービスやアイテムをレンタルして利用することもできますので『所有』は不要になった。

 


果たして、そんなに金を稼ぐことに意味があるのでしょうか?私は生涯賃金1億程度で良いだろうと思います。

 


その程度あれば老後の備えとしては万全だと思いますので、もっと他にやるべきことがあると思えてならない。

 


例えば『コミュニティ』を作って、助けたり助け合ったり等のコミュニティに参加したり、そういうコミュニティを作ったりするのも選択肢として良いかもしれない。

 


他にも『社会問題』に対する解決策を模索したり、それに関連する企業体と協力して世の中をより良いものにするのも良いかもしれないなと、私は思ってしまいます。

 


世の中の『成功者』のイメージが、ウォーレン・バフェットのような超絶投資家であったり、ビル・ゲイツのようなカリスマビジネスパーソンであったりしていますが

 


成功者のかたちも『多様性』があって良いのだと思いますし、世の中は『お金』ではないと、もっと思える人たちが増えていっても良いのだと私は思えますね。

 

【少し動物に戻る】都心から離れて静かに暮らす。

f:id:mr-regret:20210110123120p:image

 

どうしても我々日本でも海外でも恐らくそうだと思いますが、テレビやYouTubeなどの影響は受けるでしょう!

 


具体的には『年収○○万円』とか『家賃○○万円』とか、そういう人達が成功者像として頭に刻み込まれる。

 


『家賃の高い家』に住んで『マイホーム』を持ち『自家用車』は高級外車に乗り『高い衣服』を身に纏い『東京』に住んで、果たして本当にそれが幸せでしょうか?

 


その『成功者像』のイメージとのギャップに悩まされている人たちって沢山いると思いますし、その成功者像に憧れることのできない人たちはどうしたら良いのか??

 


きっと心のどこかで『私は変なのかな?』とか『社会不適合者なのかな?』とか比較してしまうと思います!!

 


それで『したくもない仕事』を毎日最低でも『9時間拘束』されて月から金まで週5で働いて幸せですか???

 


わかりやすく年収の場合では1000万プレイヤーは数%の人間しかなれませんし、これからどんどん税金が上がっていきますし保険料なども高騰していくでしょう!!

 


今までの1000万円と、これからの増税しまくりの日本での1000万円は『同じようで同じではない』のです。

 


なので、私が思うのは『私のようにお仕事大好き人間』でもない限りは、都心から離れて地方に移住して、生活費10万円前後くらいで楽しく暮らすほうが良いと思う。

 


生活費10万円前後くらいならば『せどり』とか『記事制作』とか『WEB制作』とか『イラスト制作』とか、1年間くらい真剣に勉強期間を設けて技術を身につければ、安定的に稼ぐことは誰でも恐らく出来ると思います!!

 


また、どーしても稼げない月は『UberEATS』とか『タイミー』とか『短期バイト』等とかで補填すれば良い。

 


あとは『有り余るくらいの時間』を自分の人生のために『投資』して『人生を思う存分』楽しんだほうが良い。

 


我々はそんなに『高級外車』や『高級財布』や『高級時計』などのために、貴重な人生の時間を『労働』に費やしていて良いわけがないと私は考えております!!!!

 


それよりも『月10万円程度しか稼げてないけど…』好きな『YouTube』だけでひっそりと地方で『撮りたい時だけ』動画撮影して編集してアップロードする生活…

 


そういう『スローライフ』と嘗ては呼ばれていた生活のほうが絶対に幸せになれると思いますし、地球環境的にも社会問題的にも良いと思えてならないですね、私は。

 

【少し動物に戻る】命を粗末に扱ってはならない!

f:id:mr-regret:20210110123202p:image

 

私は『仕事大好き人間』として成し遂げたい『使命』があるなと感じておりますし、成し遂げたいと思います。

 


それは『命を粗末に扱ってはならない』ということ。

 


豚さんも牛さんも鶏さんも、そして園内にいる動物さんも、競馬などの馬さんも、そして人間さんもそうです。

 


お金儲けのために『食肉』を行うことに『違和感』を感じていますし、お金儲けのために『動物園内』に動物を閉じ込めて管理しているのも『違和感』を感じている。

 


他にも『賭け事』のために馬や闘牛などを利用していることにも『違和感』を感じますし、ペット何かもそう。

 


そして『会社』のために『会社員』として拘束されて管理されている我々『人間』にも『違和感』があります。

 


そもそも『学校』から私は『違和感』を感じている。

 


だって『学びたいことは様々』ありますし、例えば私は『音楽しか興味がなかった』ので、ずっと授業中に机で紙鍵盤でコード進行やメロディを謎っていましたが…

 


それを教師は『障害者だ』とか『発達障害だ』とか『遊ぶなら学校に来るな!』とか散々私は言われましたね。

 


それに我々人類は『管理されることに慣れきってしまっている』ので、『リグレット君が遊んでます!』っと、同級生にチクられたりも良くしましたが、果たして本当に間違っていたのはどっちだったのでしょうか????

 


私は現在も『好きなWEBライター』や『好きなプログラミング学習』などをして、生計を立てていたり、新しい分野での収入源の開拓をしておりますので、ビジネスが大好きになった今でも『世間の違和感』も持ってる。

 


会社員を『耐えて耐えて耐えて』毎日『飲み会』や『ハラスメント』や『嫉妬や妬みや僻み』や『バイアス』や『同調圧力』に耐えて、果たして何か得られますか??

 


そこまで『耐えて』手取り20万円の収入を得続けるだけの人生に『折り合い』をつけて生きる意味はあるの?

 


って、私は思いますので、個人事業主になりましたし、この選択は間違っていなかったと思っております!!!

 


また、もしビジネスが好きでないのであれば、地方とかで気楽に『半自給自足生活』をしつつ、副業をしながら悠々自適に生きていけば良いのだと私は思いますよ!!

 

【少し動物に戻る】動物は毎日を精一杯生きるべき

f:id:mr-regret:20210110123242p:image

 

人間以外の動物を見ていると『毎日を精一杯生きている』っと思いますしそれが動物の在るべき姿に思える。

 


犬も猫も雀も鴉も毎日やるべきことをしっかりと行っていて、その日にすべき最大限のことをしていますよね!

 


人間もなので『少し動物に戻る』べきだと思います!!

 


『お金に囚われて』人を騙したり騙されたり、人を労働力として物のように扱ったり、動物を無尽蔵に生み出して『食用』にしたり、森林を無尽蔵に開拓し続けたり…

 


その『どんぐりの背比べ』に意味はないと思います。

 


好景気だとか不景気だとかにも意味はなくて、意味があるのって『今日が幸せな1日であったか否か』では??

 


私が思うのは『今日笑顔になれない人は明日も笑顔になれない』と考えていますのでぜひ今日を全力で生きよ。

 


どーしても『学校』『会社』『両親』などに影響されて『固定概念』に我々は囚われてしまいますし『茹でガエル状態』ですから、頭を1回リフレッシュしましょう!

 


そして『人類を俯瞰で見て』本当にすべきかすべきではないか?を冷静に『自分の頭で考えて』生きましょう。

 


私が今回話しているお話も『私の考え』に過ぎませんから、ぜひとも『善し悪し』を頭が考え決めて下さい。

 


世の中には絶対的な『正義』も絶対的な『悪』もありませんし『グラデーション』なので自由に生きましょう!

 


たまたま私は『少し動物に戻る』べきだと考えていますので共感してくれたかたは取り入れて見て下さい。

 


もし今回の内容が『共感できない』のであれば、私と同じくらいの熱量で記事を書いて投稿してみて下さい。

 


私はその『対局の意見』に興味がありますので、ぜひその記事を読ませていただきたいと思っております。

 


そもそもそうやって『人生と向き合う』ことに価値がありますし『何のために生まれてきたのか?』を考えることも人生の醍醐味だと私は思っております。

 


本日の内容は『わざと偏って執筆を心がけました』こういうやり口を『賛否両論マーケティング』と言います。

 


ぜひ『議論』したい時は『わざと偏って』賛否両論を巻き起こしやすいような導線を引いてみてくださいませ。

 


本日は以上となります!また次回も楽しみに3日後までお待ちくださいませ!今日を全力で楽しくで下さいね!

 


ではまた…